FC2ライブアフィリエイトの概要と流れ

FC2ライブアフィリエイトは2012(平成24年)5月9日(Wed)からFC2ライブのアフィリエイトプログラムとしてスタートしました。
FC2ライブアフィリエイトは成果報酬型のプログラムで、登録料・年会費・ノルマなど一切負担になるものはありません。また、プログラムにはFC2ライブのカテゴリ同様、一般とアダルトがあります。

プログラムの概要

登録    :FC2ライブに登録(FC2IDだけではできません)
費用・ノルマ:なし
報酬率   :ポイント利用額の5%
報酬形態  :FC2ポイント(1ポイント=1円)
報酬条件  :紹介リンクからFC2ライブに入会した方が、アカウント停止等、あるいは退会となるまでポイントを利用する度に発生
換金方法  :「銀行振込み」と「小切手」の2方法があり
最低換金額 :10,000ポイント以上(各受取方法により手数料が掛かる)

【注意事項】
・18歳未満の方は参加できません。
・法的基準や倫理基準を満たない宣伝行為は一切禁止。
・使用許可を得ていない番組や配信者情報、それらの画像や映像の無断利用も一切禁止。
・退会、停止などアフィリエイトプログラムの参加資格を失った場合、その後の報酬は受取れません。

開始までの流れ

【1】FC2ライブを利用されていない場合は、まずサービスの追加登録をして下さい。
【2】ログインした状態で 設定→アフィリエイト をクリック!
【3】広告素材をあなたのページに貼るだけです。

FC2ライブアフィリエイトの最大のメリットとデメリット

FC2ライブアフィリエイトの最大の特長は、アフィリエイトで紹介したユーザーがFC2ライブで有料配信を視聴しFC2ポイントを使用消費するたびに、その使用額の 5%分の報酬ポイントが紹介した貴方に永久に入るということです。

たとえば・・・
 ▽ 毎月、10人の紹介ユーザーが 1万円分のポイントを利用
 ▽ 10,000円 × 5% × 10人 = 5,000円
つまり、毎月、何もせず黙っていても 5,000円の報酬が入って来る、というわけです。

完全に不労所得化可能なシステムと言っても過言ではないでしょう。

最大のメリットは、全て無料、1円も出費することなく、0円で始められ、不労所得として予想を超える収入を得ることができるという仕組みです。

FC2ライブは こちら

▼ アフィリエイトプログラムの豊富な広告素材、一例はこちら
FC2ライブ
FC2ライブ

上記の他にも468×60サイズのバナーリンクや、またテキストリンクにブログパーツもあります。
もちろん、一般向け・アダルト向け、それぞれに用意もされています。

FC2ライブアフィリエイトのデメリットは?

FC2ライブの現状での最大のデメリットといえば、リンクから登録していただいたFC2ライブアフィリエイト対象となるFC2ユーザーが何人いらっしゃるのか不明だという点でしょう。

実際にFC2ポイントの獲得はライブサイトのポイント管理ページから確認できますが、報酬額しか反映表示されませんので、何名の登録者がいて、そこから幾らのポイントが獲得となったのかが判別つきません。

ポイント(金額)での反映からしか判断できませんので、新規に登録されたユーザーがどれくらいいるのか、逆に何人でどれくらいのポイント消費となったのかわからないということです。

つまり、アフィリエイトする上で、戦略の組み方が立てにくいという側面があるということです。第一、入り口が完全に無料ですから、新規に登録してもらっても1円にもなりませんのでね。

ライブチャットのアフィリエイトで絶対的に稼ぐ条件といえば、それは利用人数です。
ほとんどの報酬形態は消費連動性です。定額課金制ではないだけに多くの人数を集める事にこそ注力する必要があります。その点、そこが不明なFC2ライブアフィリエイトは売りにくい、とも言えるかもしれません。

FC2ライブをアフィリエイトする上でスペックは?

FC2ライブってどんなサービスなの?

FC2ライブは誰でも無料でライブ配信(生放送)・視聴ができるライブチャットサービスです。また配信者は自分の放送を有料番組として配信することも可能です。
まだ、FC2IDをお持ちでない方は、お試しにオープンチャットで、実際のライブ放送を試聴することも可能です。ウェブカメラやマイクをお持ちの方でしたら、カメラテストもできます。

サービス名FC2ライブ http://live.fc2.com/
登録会員数240万人以上(2014年12月現在) 月間1億3000万PV
主な機能ライブ配信(生放送)/2ショットチャット/課金機能(有料配信)/録画販売
対応言語日本語/英語/中国語(繁体字)/韓国語/ドイツ語/スペイン語/フランス語/ロシア語/インドネシア語
inserted by FC2 system